越後米沢街道・十三峠交流会 本文へジャンプ
 十三峠の紹介
 ――越後米沢街道・十三峠とは?
 「越後米沢街道」は山形県の置賜地方と新潟県の下越地方を結ぶ街道で、この古道には13の峠があるため別名「十三峠」と呼ばれています。平成8年には文化庁選定の「歴史の道百選」に選ばれ、平成20年には「日本風景街道」に登録されました。
 現在、十三峠が通る山形県川西町・飯豊町・小国町・新潟県関川村の2県3町1村では、各組織がこの古道を活用した地域おこし活動に取り組んでいます。


  十三峠交流会の活動   最新情報  ・山形・新潟交流の素材探し報告(平成28年度)

■十三峠コース概要

■各峠の紹介
諏訪峠宇津峠大久保峠才ノ頭峠桜峠
黒沢峠貝淵峠高鼻峠朴ノ木峠萱野峠
大里峠榎峠鷹巣峠

朴ノ木峠

■十三峠の変遷

■十三峠とイザベラ・バード


イザベラ・バード

■峠の豆知識
  馬市 小国蔵米 肴(魚)類
 宿駅  宿場医師  背負子  助けの制
 賃銭(駄賃)  綱馬(端綱)  鉄の輸入  問屋
 荷替場

上り荷・下り荷

渡邊三左衛門

※ 十三峠に関わるデータは下記の事業で纏めたダイジェスト版です。
平成23年度 重点分野雇用創出事業  「歴史街道・十三峠観光資源活用事業」
               
                     置賜総合支庁建設部





このページの上へ

 copyright(C)2012:All Right Reserved Yamagata Prefecture / Kokohorewanwantankentai
inserted by FC2 system