本文へスキップ

才ノ頭峠才ノ頭峠 (さいのかみとうげ)


峠のポイントガイド / 古絵図 / アクセスマップ


山形県小国町沼沢と白子沢を結ぶ峠。
国道113号線から左折し桜川に沿って上流へ行くと間もなくの小さな峠。峠名の由来は、峠の出口(桜峠側)に立つ地蔵尊「賽(境)の神」から名付けられたものと考えられる。

旧白沼小中学校のわずか西側の古道は”へつり”と呼ばれる崖で、下には桜川が流れている。このため、この古道のルートは数回変わった可能性がある。

ここでは県道15号線に沿う短い車道を暫定的に峠道とあらわしているが、正確な古道のルートはわかっておらず、現在も調査が続いている。




峠のポイントガイド




地図上の数字をクリックすると場所の説明ページに飛びます。

 百万遍供養塔

塔の創建月日が8月1日である。昔、旧暦で「八朔」といい、農家ではこの日は仕事を休み餅をついたり、神様を祀りおこないを慎んだものである。農業に害を与える害虫を防ぐため風祭をやり、仏の力を借りるため念仏百万遍の供養を催して、秋の慰安にあてたものであろう。
 賽の頭地蔵尊

日本には「フナトノ神」(岐の神)、「サエノ神」(堺、境の神)があった。一般的に「道路の悪霊を防いで行人を守護する神」と祀られた。道祖神でもある。集落の人がいつも手厚い世話をしている。

古絵図


享和絵図 【享和2-3(1802-3)年作成、米沢市上杉博物館所蔵】

アクセスマップ





  • 各峠の紹介


越後米沢街道・十三峠交流会 事務局
(NPO法人ここ掘れ和ん話ん探検隊)越後米沢街道・十三峠

〒999-1337
山形県西置賜郡小国町大字新原124
TEL/FAx 0238-62-5955
(平日9:00〜17:00)
E-mail
Homepage

百万遍供養塔 賽の頭地蔵尊 窪地 落葉松並木 諏訪峠古道〜展望台 若松観音 諏訪神社 石塔群 諏訪峠古道〜展望台 若松観音 諏訪神社 石塔群 inserted by FC2 system